Latest Entries

名古屋仮飛行場沖合から9号地を望む

名古屋仮飛行場沖合から9号地を望む(名古屋市港区潮凪町地先~潮見町・昭和13年)げんぞうアーカイブス所蔵

名古屋仮飛行場

昭和9年10月1日、現在の名古屋港潮凪埠頭(旧10号地)に開設された名古屋仮飛行場
近代的な都市整備を急ぐ名古屋にとって、
当時すでに東京から大阪、福岡を経由して朝鮮半島、満州へと伸びる民間航空路線は、
ぜひとも立寄らせたいもののひとつであった。
名古屋の空の玄関口を整備することは、名古屋港・名古屋駅に続くビッグプロジェクトであり、
国も国防の観点から名古屋空港建設を後押しする。

広大な土地を確保する上で注目されたのが、名古屋港埋立地だった。
当時は陸上機以上に水上機が広く普及しており、埋立地であればその両方の発着が可能と期待を集める。
だが、そこには課題が・・・

国が考える広さの空港用地を確保することは、当時の名古屋港でも不可能だったのである。
そこで開港を急ぐため、すでに埋立工事が終わり、売却目前だった10号地にひとまず空港を建設。
そのうえで10号地南西に、新たに空港用地を埋立工事で造成するという仰天プランを考え出したのだった。

こうして10号地にお目見えした名古屋仮飛行場
その隣接海面には、水上機の発着場も整備された。
写真は名古屋飛行場と三重県の二見浦を結んだ、安藤飛行機研究所のハンザ水上機J-BBOL機から撮影されたもの。
前方に見える陸地は、危険物を取り扱う9号地(現潮見埠頭)。
その手前に停泊するのは、9号地に石油を運んできた油槽船と思われる。

名古屋仮飛行場について詳しくは、6月22日(金)からキャッチネットワークで放送される
『東海の肖像』「名古屋港~日本一の貿易港のあゆみ~」
をご覧ください。

なお、6月23日から2か月間は、ケーブルテレビ連盟Webサイト『じもテレ』でも視聴可能です。
「じもテレ 名古屋港」で検索









熱田築港事務員派出所

熱田築港事務員派出所(名古屋市熱田区神戸町・明治31年頃)げんぞうアーカイブス所蔵

熱田築港事務所

熱田港を整備しようと明治29年に始まった築港工事。
2年後の同31年には築港事務員派出所が移転新築された。
瓦葺きで2階建ての木造建築。
その屋根には風向計と風速計のほかに避雷針が見える。

左手の電柱の陰には人力車
右手には数台の屋台が並ぶ。
一番右手の屋台に注目いただきたい。
屋根上に掲げられた「氷」の垂れ幕。
当時、すでにかき氷は夏の人気商品のひとつ。
これはかき氷の屋台のようで、よく見ると屋台中央にかき氷を作る氷削機らしきものも見える。
無造作に屋台が並んでいることから、ここで準備をして行商に出発したのだろう。

ちなみにこの建物は、人びとに築港事務所と呼ばれ親しまれるが、
浚渫工事が本格化するようになると、「現場まで遠い」と職員からは不評だった。
事務所がようやく5号地に移転するのは明治44年。

一方、明治36年には、大阪税関が間借りして名古屋出張所をここに設置する。

熱田築港事務員派出所について詳しくは、6月22日(金)からキャッチネットワークで放送される
『東海の肖像』「名古屋港~日本一の貿易港のあゆみ~」
をご覧ください。

なお、6月23日から2か月間は、ケーブルテレビ連盟Webサイト『じもテレ』でも視聴可能です。
「じもテレ 名古屋港」で検索











熱田港にやってきたろせった丸

熱田港にやってきたろせった丸(名古屋市港区港町・明治39年)げんぞうアーカイブス所蔵

ろせった丸

ろせった丸と聞いて、直感的に名古屋港を思い出す人は、かなり名古屋の歴史に明るい方である。
というのも、七里の渡し(宮の渡し)として知られた熱田湊を、沖合の干拓地に移行させ、大規模な浚渫を行ったのが
現在の名古屋港の始まりである。
当時の浚渫事業には、国からの援助を得られないまま、多額の公費をつぎ込む愛知県に対し、県民からは非難が集中。
その批判をかわし、県民に港への興味を持ってもらおうと、画策されたのが
『ろせった丸』を舞台に、当時開催中だった巡航博覧会を熱田港でも開催することだった。

このとき、東海地方では武豊港と四日市港に立ち寄ったろせった丸。
四日市港まで出向き、船長に熱田寄港を嘆願したのは、若き築港技術者の奥田助七郎
その求めに応じて、急きょ実現したろせった丸の熱田港訪問。
会期中、なんと10万人が押し掛け、それを機に築港事業への反対もなくなったと云われる。

写真は熱田港に入港したろせった丸と巡航博覧会を、一目見ようと集まった人びとが列をなす様子が判る。
奥田助七郎が昭和28年に著した『名古屋築港誌』によると、ろせった丸入港当時、
「桟橋が未完成で土運船5艘を並べて俄か桟橋とした」という記述通り、土運船による船橋も写っている。
こうした事実が写真で確認でされたのは今回が初めて。
ちなみに熱田港は、この翌年名古屋市が熱田町を合併したことで名古屋港と改称される。

このろせった丸について詳しくは、6月22日(金)からキャッチネットワークで放送される
『東海の肖像』「名古屋港~日本一の貿易港のあゆみ~」をご覧ください。
なお、6月23日から2か月間は、ケーブルテレビ連盟Webサイト『じもテレ』でも視聴可能です。
「じもテレ 名古屋港」で 検索







2005(平成17)年の4月12日 不審者に備えて(安城市)

2005(平成17)年の今日4月12日、安城市内の幼稚園・保育園の先生たちを対象に、不審者の侵入に備えた防犯研修会が行われた。
2001年には大阪・池田市、2003年京都・宇治市、2005年寝屋川市と、小学校に不審者が侵入し痛ましい事件が相次いだ。
安城市では2005年3月、市内の全小中学校と幼稚園・保育園に刺股を配備。
4月12日には市内の桜町小学校に80人が集まり、安城警察署員から不審者撃退法や護身術を学んだ。
この時期、近隣市でもこうした研修や訓練が行われている。


 詳しくは Pitch FM 83.8MHz 10月8日AM7:30~の『碧海あのころピッチキャッチ』をお聞きください
CATV KATCH【地上デジタル12ch】でも聴けます
Pitch FM83.8 の ホームページは こちら




48年前の10月8日 東海地方の土器研究史に残る遺跡(知立市)

1966年(昭和41年)10月8日は、名古屋大学による「荒新切遺跡」の発掘調査が始まった日。
これに先立つ7月、当時の知立町西中字荒新切の畑で、中学生が土器の壺を発見。
ちょうど町史編纂を進めていた同町は、これを機に本格調査に乗り出し、名古屋大学文学部考古学研究室に依頼した。
発掘には地元中高生も参加、多くの貴重な遺物が発見された。

 詳しくは Pitch FM 83.8MHz 10月8日AM7:30~の『碧海あのころピッチキャッチ』をお聞きください
              なんと、CATV KATCH【地上デジタル12ch】でも聴けます
                     Pitch FM83.8 の ホームページは こちら




Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示