Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大人の名古屋」vol.18

「大人の名古屋」vol.18 に、げんぞうアーカイブスの写真が掲載されました。

大人の名古屋vol.18

毎回、名古屋(ときに三河も)の魅力をさまざまな角度から紹介し、「行ってみたい!」を触発してくれる「大人の名古屋」。
「歴史を知ると、街がもっと好きになる」と掲げられた第18号の特集は、「街のルーツを歩く」です。

街道に寺社、企業城下町にサブカルと、地域ごとにその特徴がクローズアップされているのですが、
そのなかでげんぞうアーカイブスが今回ご協力させていただいたのが、「八事」の一枚。
一大行楽地として鳴らした「八事遊園地」の、在りし日の姿です。

八事遊園地

八事遊園地は、八事電車を経営していた尾張電気軌道が大正元年、客寄せのために設営したもので、競馬やボート、猿園のほか、各種遊具を備えていました。
企業の運動会なども開かれたようで、上の写真は「名古屋逓信局逓信講習所」の陸上競技会のひとコマ。
昭和3年の写真です。
ちなみに次の一枚は、競技会の華・女子応援団。(こちらは未掲載)

女子応援団

今や知る人も少なくなってしまったレジャースポット・八事遊園地ですが、平成2年まではバス停の名前として残っていました。
そのバス停、現在は「表山一丁目」になっています。

歴史を知ると、街がもっと好きになる」。全くその通りだと思います。
知っているはずの景色が、ちょっと違って見えますよ。

そんな示唆に富んだ「大人の名古屋」vol.18、見かけたらぜひご一読を。

   大人の名古屋 vol.18
   阪急コミュニケーションズ/2012年9月28日発行



東海テレビ「スーパーニュース」

東海テレビ『スーパーニュース』で、げんぞうアーカイブスの写真が使用されました。

10月18日放送の「キニナール」のコーナー、内容は「幻の駅・愛知駅」。
明治29年関西鉄道が建設したのですが、その関西鉄道は明治42年に官営鉄道に編入されてしまうので、
わずか10年ほどしかなかった駅です。
現在の名古屋駅の約500メートル南に建っていました。
番組では、「名古屋駅とささしまライブ駅の間」と紹介されていました。

関西鉄道愛知駅構内_明治40年頃

官営鉄道に負けてならじと、当時の名古屋停車場を見下ろす場所に建てられていた愛知駅
これは構内の写真ですが、外観はモダンなヨーロッパ風で、屋上には時計台がありました。
番組でも登場したその外観は、『名古屋今昔写真集』第1巻でご紹介していますので、ぜひ見てみてください。
写真集制作当時も「大発見!」だった、貴重な1枚です。
 ※『名古屋今昔写真集』お問い合わせ・お求めは 樹林舎 まで。

なぜこの愛知駅にスポットが当たったかといえば…
保存・復原工事の完成で話題の東京駅を作ったのが、建築家・辰野金吾
愛知駅は、その弟子であった長野宇平治が設計した駅舎だったそうです。
もしかしたら愛知駅にも、東京駅のような意匠が凝らされていたかもしれません。

ともあれ、観光客からも人気を集め、笹島に賑わいを作った愛知駅
関西鉄道が官営鉄道に吸収され、廃止された後は、大正2年に岐阜駅として移築されました。
この岐阜駅は、かつてのようなモダンな姿ではなかったようですが、戦災に遭うまで人びとに親しまれたそうです。



博物館展示へのご協力

げんぞうアーカイブス 美術館・博物館などでの展示にもご利用いただいています。
その一部をご紹介します。

  「遥かなる衣ヶ浦のみなと―海運と産業の歴史―」
   碧南市藤井達吉現代美術館
   2012年1月24日(火)~3月4日(日)

出版物やテレビ番組では、写真画像のご提供というケースがほとんどなのですが、
この碧南市さんの展示では、現物資料をご利用いただきました。

猪山丸運賃目録

これは、高浜の神谷儀八瓦店さんが大正時代に所有していた船「猪山丸」の運賃目録です。
高浜港から東京・横浜への積荷、さぞかし瓦や土器製品が多いだろうと思いきや。
意外にも、白米、味噌、大根漬といった食品から、種土や硝子粉まで、実に多種多様でした。

この展示では、同じく神谷儀八商店所有の帆船「京三丸」の運賃目録も出展されました。


また、撮影者のご厚意でアーカイブさせていただいている写真や映像、所蔵者から管理を任せていただいた写真などでも、展示のお手伝いをしています。

  「汽笛一聲・安城駅120年」
   安城市歴史博物館
   2011年5月21日(土)~7月10日(日) 
   ※開催時のご紹介記事はこちら

  知立市制40周年記念企画展「写真でたどる知立」
   知立市歴史民俗資料館
   2010年10月9日(土)~11月16日(火)
   ※開催時のご紹介記事はこちら



名古屋今昔写真集 第1巻~第3巻

 名古屋今昔写真集
  第1巻/2007年10月
  第2巻/2008年 3月
  第3巻/2007年12月
  樹林舎

  1巻 2巻 3巻

制作担当:オフィスげんぞう。
げんぞうアーカイブスは、この本の制作から本格的に始動しました。

例えば、こんな写真を掲載しています。
(写真集では汚れなどがきれいに修正されています。)

国技館_T期

大正3年に建設された「名古屋国技館」。
4階建てで8,000人が収容可能という日本最大規模を誇った国技館で、中では相撲やサーカス、芝居、演奏会などが催されていました。
ただ、交通アクセスが悪かったらしく興行は伸び悩み、大正12年頃に取り壊されてしまいます。
この建物が、現在の名城小学校付近にあったとは、ちょっと驚きですよね。

また、写真集なのにこんなものも載せました(参考資料として)。

新名古屋駅竣工記念乗車券_S12

明治24年の濃尾地震で被災し、改築されてからは、長らくその姿をほとんど変えなかった名古屋駅
それがようやく現在地に新築されたのが、昭和12年です。
これはそのときの新名古屋駅竣工記念乗車券で、名古屋~豊橋間が3等1円14銭とあります。
名古屋っ子自慢のランドマークとなるクリーム色の新駅舎が描かれていますが、その向こうに名古屋城熱田さんの鳥居が配されているあたりが、いかにも「名古屋!」という感じです。

 ※このほか『名古屋今昔写真集』に掲載されている写真は こちら(1 2 でも紹介しています。

その後も「この本に載せたかった!」という写真が少なからずアーカイブスに入り、名古屋の写真も充実し続けています。

写真集のお求め・お問い合わせは、樹林舎 まで。




写真集『碧海の昭和』

碧南市・刈谷市・安城市・知立市・高浜市の昭和の記憶を辿る写真集『碧海の昭和』ができました。

碧海の昭和_表紙


初出写真てんこ盛り。
巻頭のカラーページから見所満載で、なんと昭和31年1月27日の「衣浦大橋」開通式の日のようすが、
貴重なカラー写真でいきなり見開き紹介です。

また、コラムも充実しています。
「日本デンマーク」「依佐美の鉄塔」など、碧海では外せない事柄はもちろん、
戦時下の安城にあった「明治航空基地」の物語、
かつて「東海随一」と讃えられながらいまや姿を消した在りし日の「碧南の海水浴場」などなど。

そして、碧海の人びとが乗り越えてきた未曾有の台風災害「伊勢湾台風」の記録・・・
東日本大震災後、誰もが復興に思いを致し、災害への備えを考えている今だからこそ、
この地域の人びとはあの状態を乗り越え、復興を果たしたのだということを、ぜひ写真で確認してみてください。

『岡崎・西尾の昭和』同様、げんぞうアーカイブスからの写真もたくさん載っています。

くわしくは、発行元の樹林舎まで。

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。