Entries

三河大島渡船場の賑わい

三河大島渡船場の賑わい(蒲郡市三谷町・昭和10年)げんぞうアーカイブス所蔵

三河大島渡船場

蒲郡市の沖合3キロに浮かぶ無人島三河大島
7月と8月には海水浴場が開かれ、いまも多くの人で賑わう。
写真は夕方近くの撮影だろうか。
島から帰る鈴なりの人びとを乗せた木造の渡船が、いままさに桟橋から離れたばかり。
それでもまだ多くの人が、桟橋の袂に取り残されている。
なかには係員に懸命にアピールしているような人もいるようだ。

三河大島は、昭和5年に当時の鉄道省海水浴場キャンプ場に指定してしたことから、その人気に火が付いた。
これを契機に本土側の三谷海岸も、多くの海水浴客で賑わうようになったという。

明治22年に東海道線が全線開通すると、東京から汽車に乗って旅する人が、
最初に車窓間近に海を体験できたのが、なんと蒲郡だったという。
明治33年に発表された「鉄道唱歌」にも、「東海道にて優れたる 海の眺めは蒲郡」という歌詞があり、
沿線随一の眺めだったことを裏付けている。

ちなみに木造の渡船には日除けのシートが掛けられているが、多くの人がそこには入れずに後部甲板に立っているようだ。
舵を握る船頭のそばまで、乗客が入り込んでいる。
文字通りすし詰め状態である。
桟橋の袂に日傘を差す和服姿の女性の姿も。
そばに幼子を連れているので、波打ち際で遊ぶわが子を、この姿で見守っていたのであろうか。
なんとも風流な光景である。









Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示