Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋百景 中村公園(Nakamura Park at Nagoya No.35)撮影年代:明治42年頃

#1_中村公園

 今回ご紹介する一枚は、一見して不自然なカラーの絵葉書である。被写体はともかく、これが明治後期から大正初期にかけて作られ、人気を博した手彩色絵葉書だ。
 手彩色というだけあって、印刷したモノクロ絵葉書に、女工さんが一枚一枚手作業で彩色を施したというシロモノだ。手先の器用な日本人が、池面や空に微妙なぼかしを入れている。同じ図柄でモノクロ印刷されたものも流通しており、初期は手彩色版が海外からの観光客向け、モノクロ版が国内向けと位置付けられていた。

 ちなみに図柄は、ご存知大鳥居で有名な名古屋市中村区の豊国神社に隣接する中村公園の一景。中村公園は、豊臣秀吉が生まれた屋敷跡とされる「太閤藪」を切り開き、明治34年公園として整備した。同42年には、隣接地も加え、拡張修築工事が行われており、絵葉書は新装なった中村公園を写したものらしい。絵葉書の表面には、明治43年8月の消印が残されており、時期も符合する。





スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。