Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月10日 自然環境にも歴史あり

1977(昭和52)年6月10日
小堤西池カキツバタ群落について、聞き取り調査が始まった日


 日本三大カキツバタ自生地として知られる、刈谷市北部の小堤西池。国の天然記念物に指定されたのは、戦前の昭和13年である。
 戦後30年余り、周囲の環境も激変し、指定当時の池の様子を知る人も少なくなった。
 そこで学術的にも役立つ出版物として戦前の様子を残そうと、古老への聞き取り調査が始まる。
 すると、敷物の原料として戦時中に植えられたというのが通説だった植物「アンペライ」が、指定当時すでに存在したことも判明。

 詳しくは Pitch FM 83.8MHz 6月10日AM7:30~の『碧海あのころピッチキャッチ』をお聞きください
                     Pitch FM83.8 の ホームページは こちら



スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。