Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大人の名古屋」vol.18

「大人の名古屋」vol.18 に、げんぞうアーカイブスの写真が掲載されました。

大人の名古屋vol.18

毎回、名古屋(ときに三河も)の魅力をさまざまな角度から紹介し、「行ってみたい!」を触発してくれる「大人の名古屋」。
「歴史を知ると、街がもっと好きになる」と掲げられた第18号の特集は、「街のルーツを歩く」です。

街道に寺社、企業城下町にサブカルと、地域ごとにその特徴がクローズアップされているのですが、
そのなかでげんぞうアーカイブスが今回ご協力させていただいたのが、「八事」の一枚。
一大行楽地として鳴らした「八事遊園地」の、在りし日の姿です。

八事遊園地

八事遊園地は、八事電車を経営していた尾張電気軌道が大正元年、客寄せのために設営したもので、競馬やボート、猿園のほか、各種遊具を備えていました。
企業の運動会なども開かれたようで、上の写真は「名古屋逓信局逓信講習所」の陸上競技会のひとコマ。
昭和3年の写真です。
ちなみに次の一枚は、競技会の華・女子応援団。(こちらは未掲載)

女子応援団

今や知る人も少なくなってしまったレジャースポット・八事遊園地ですが、平成2年まではバス停の名前として残っていました。
そのバス停、現在は「表山一丁目」になっています。

歴史を知ると、街がもっと好きになる」。全くその通りだと思います。
知っているはずの景色が、ちょっと違って見えますよ。

そんな示唆に富んだ「大人の名古屋」vol.18、見かけたらぜひご一読を。

   大人の名古屋 vol.18
   阪急コミュニケーションズ/2012年9月28日発行



スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。