Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海テレビ「スーパーニュース」

東海テレビ『スーパーニュース』で、げんぞうアーカイブスの写真が使用されました。

10月18日放送の「キニナール」のコーナー、内容は「幻の駅・愛知駅」。
明治29年関西鉄道が建設したのですが、その関西鉄道は明治42年に官営鉄道に編入されてしまうので、
わずか10年ほどしかなかった駅です。
現在の名古屋駅の約500メートル南に建っていました。
番組では、「名古屋駅とささしまライブ駅の間」と紹介されていました。

関西鉄道愛知駅構内_明治40年頃

官営鉄道に負けてならじと、当時の名古屋停車場を見下ろす場所に建てられていた愛知駅
これは構内の写真ですが、外観はモダンなヨーロッパ風で、屋上には時計台がありました。
番組でも登場したその外観は、『名古屋今昔写真集』第1巻でご紹介していますので、ぜひ見てみてください。
写真集制作当時も「大発見!」だった、貴重な1枚です。
 ※『名古屋今昔写真集』お問い合わせ・お求めは 樹林舎 まで。

なぜこの愛知駅にスポットが当たったかといえば…
保存・復原工事の完成で話題の東京駅を作ったのが、建築家・辰野金吾
愛知駅は、その弟子であった長野宇平治が設計した駅舎だったそうです。
もしかしたら愛知駅にも、東京駅のような意匠が凝らされていたかもしれません。

ともあれ、観光客からも人気を集め、笹島に賑わいを作った愛知駅
関西鉄道が官営鉄道に吸収され、廃止された後は、大正2年に岐阜駅として移築されました。
この岐阜駅は、かつてのようなモダンな姿ではなかったようですが、戦災に遭うまで人びとに親しまれたそうです。



スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。